• ホーム
  • UR賃貸とは?初期費用も更新料もかからない謎に迫る!

UR賃貸とは?初期費用も更新料もかからない謎に迫る!

2019年05月26日
きれいなマンション

一般的な賃貸物件を契約する際には、初期費用として敷金や礼金が必要となるほか、一定期間ごとに更新料を支払わなくてはなりません。
敷金や礼金、そして更新料は賃料の一ヶ月分から二ヶ月分程度であること多いため、意外と大きな出費になります。
物件を借りる際、敷金や礼金が必要なければよいのに、と考えたことがある方は多いでしょう。

UR賃貸住宅なら、契約時にかかる初期費用をぐっと安く抑えることができます。
礼金や仲介手数料が不要なほか、一年ごとに自動更新される契約となるため、更新料を支払う必要もありません。
敷金は用意しなければなりませんが、一般的な賃貸物件への入居と比較すると、かなりお得だといえます。

なぜUR賃貸は礼金や更新料を不要としているのでしょうか。
その理由はUR賃貸が、独立行政法人都市再生機構によって運営されている公的住宅だということにあります。
独立行政法人都市再生機構は、都市再生の実現に取り組んでいる公的な機関です。
民間企業による運営とは異なり、利益を得ることを目的としていない機関ですから、一般賃貸物件にあるような礼金を受け取っていないのです。
また一般的な賃貸物件とは異なり、公的住宅の家賃は公営住宅法によって定められています。
このため更新時に賃料が一方的に値上がりする、というようなことも起こりません。

UR賃貸の契約では、保障人を立てる必要もありません。
審査をクリアすれば、保障人がいない状態でも賃貸契約を結ぶことができるのです。
ただしその審査基準は、やや厳しい内容となっています。
平均月収額が基準月収額以上であること、なおかつ基準貯蓄額を超えていることなどがその条件です。
その他にも入居開始可能日から一か月以内に入居をする必要があるなど、厳しい条件をクリアした人だけがUR賃貸を契約することができることになっています。
また新築物件の場合、入居希望者が多くなるため抽選方式が採用されることもあります。
審査基準をクリアしていても、抽選で外れてしまえば入居をすることはできません。

誰でも必ず入居できるというわけではありませんが、URには初期費用が安く保証人が要らないなど、様々なメリットがあります。
ファミリー向けの住宅も数多く揃っているほか、子育て世帯に向けた制度なども用意されているのが特徴です。
初期費用を抑えて物件を借りたい方、条件の良いファミリー向け物件をなるべく安く利用したいという方は、URに注目をしてみましょう。