• ホーム
  • 物を持たない「ミニマリスト家族」って?どういうメリットがあるのか

物を持たない「ミニマリスト家族」って?どういうメリットがあるのか

2019年11月08日

ごく普通の生活をしているだけでも、自然といろいろな物が家の中に増えていくものです。
家族で暮らしていれば、一人一人の持ち物が増えていくことになりますから、意識して整頓をしていかないと物を収納するのが大変になってしまいます。

今注目を集めているミニマリスト家族というライフスタイルは、不要な物を持たず最小限の物だけで暮らす、というものです。
断捨離とは異なり、捨てることそのものを目的としていないため、必要な物はしっかりと残す形になります。

ミニマリストというライフスタイルのメリットは、掃除がしやすいこと、家の中を清潔に保ちやすいことにあるでしょう。
また余計な物を身の回りに置かないことで、集中力が高められるというメリットもあります。
例えば机の周りにいろいろと物が置いてあると、勉強や仕事に集中しにくくなってしまうものです。
後で片付けなくては、という考えが常に頭の隅に残ってしまうかもしれません。
余計な物がないすっきりとした状況なら、他のことに気を取られることなく集中することができるでしょう。

掃除がしやすい清潔な家を保つことは、生活の質を高めてくれます。
また趣味や仕事、勉強などに集中しやすい環境を作ることができれば、家族それぞれの毎日がより充実したものになるでしょう。
ミニマリストとして生活の質を高めていくためには、最初に捨てない物を決めることが大切です。
捨てること自体が目的ではありませんから、家族にとって大切な物や大事にしたい物を残すことを、優先的に考えていく必要があるのです。

捨てない物を決めることができたら、次は捨てる物を選んでいくことになります。
基本的には最小限の物を残すつもりで、小さい物から必要か不要か、という点で判断していくのです。
あらためて家の中にある物をチェックしていけば、不要な物が意外と多いことに気がつくかもしれません。

小さい物からチェックしていき、処分する物を決めていったら次は収納スペースに注目をしてみましょう。
収納スペースに仕舞い込まれたまま、忘れられているような物は取っておく必要がないかもしれません。
クローゼットなど奥行きのある収納スペースには、意外と不要なアイテムが眠っているものです。
家族にとって必要がない物、普段全く使っていない物などを処分すれば、それだけでも収納スペースに余裕が生まれるでしょう。
すっきりとしたミニマリストな暮らしを実現すれば、家の中にゆとりある空間を作り出すことができそうです。